アラズ事業部

私たちは日々の暮らしの中で、溢れんばかりのモノに囲まれて暮らしています。

使い込むほどに愛着が湧き、リペアして使い続ける暮らし・・・いいですよね。
決して懐古主義ではなく、モノと自分との関係をきちんと見極めるということでしょうか。

鄙びた器のひび割れが時として美しいと思い、
使い込まれ、研かれた廊下が心地良いと思う。
時の流れの中で、自分とモノの関係がしっくりくる。
そんな、美意識を持つ日本人ならではの感覚に応えられるモノのショップです。

「流行らない。そして、廃らないもの。」
をコンセプトに『非・アラズ』はシンプルで質の高い商品をセレクトしております。